歯とブラッシングの基本

  • ホーム
  • 歯とブラッシングの基本
  • 小
  • 大

正しいブラッシングで健康な歯に

あなたは、自分のブラッシングに自信がありますか? もし、「ブラッシングしているのに虫歯になりやすい」「口臭が気になる」といったことでお悩みなら、もしかすると正しいブラッシングができていないかもしれません。

正しいブラッシングは、健康な歯をつくる基盤になるものです。杉並区荻窪の歯医者「ヒロデンタルオフィス」が、歯が持つ大切な役割と、それを果たすために欠かせないブラッシングについて紹介します。

歯の役割を確認しましょう

歯の役割を確認しましょう

歯の役割は、食べ物を咬むことだけではありません。私たちの生活と密接に関わっているのです。歯の重要な役割を改めて確認してみましょう。

【役割1:咀しゃく】 【役割2:発音】
食べ物をしっかり咬みくだくことで胃腸の負担を和らげ、栄養の吸収を助けます。 舌の位置、空気のもれ方を定め、正しい発音を助けます。
【役割3:印象】 【役割4:力】
きれいに整った歯並びは、他人からの好印象を得て、自信につながります 奥歯をしっかり咬み合わせることで、スポーツのときなどに踏んばったり、瞬発力を発揮させます。

そのブラッシング間違っていませんか? ~歯のみがき方の基本~

そのブラッシング間違っていませんか? ~歯のみがき方の基本~

「みがいている」と「みがけている」では、大きな差があります。ブラッシングの基本を確認してみましょう。

3つのブラッシングの基本
Point 1
毛先をしっかりあてる
Point 2
力は軽く
Point 3
小刻みに動かす
Point 1 毛先をしっかりあてる Point 2 力は軽く Point 3 小刻みに動かす
歯ブラシの毛先は、歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間にしっかりとあてます。 歯ブラシには力をかけすぎず、軽い力で動かします。毛先が広がらない程度が目安です。 1~2本の歯を、5~10mmの幅で少しずつ小刻みにみがいていきます。
歯ブラシが届きにくい歯には

歯の大きさや歯並びは人それぞれ。どうしてもみがきにくい部分が出てしまいます。そういったときには次のように工夫してみましょう。

工夫 その1
歯並びが凸凹の場合
歯の1本1本に、歯ブラシを縦にしてあて、上下に動かしてみがきましょう。 工夫 その1 歯並びが凸凹の場合
工夫 その2
背の低い歯がある場合
歯列の奥にある背の低い歯は、歯ブラシを斜めに入れて小刻みにみがきましょう。 工夫 その2 背の低い歯がある場合
工夫 その3
歯と歯ぐきの境目
歯と歯ぐきの間は、歯ブラシを45度の角度であて、小さく動かしてみがきましょう。 工夫 その3 歯と歯ぐきの境目
ブラッシングのポイント

ブラッシングのポイント

ブラッシングにおけるもっとも大切なポイントは、「プラーク(歯垢)をしっかり落とすこと」。プラークは虫歯菌や歯周病菌の棲みかです。舌で歯を触ってザラザラするところがあれば、プラークが落とせていないと考えられるため、なくなるまでしっかりみがきましょう。

また、プラークが付きやすいのは、「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」「奥歯の咬み合わせ面」。ブラッシングは、この場所にとくに注意して行うことが大切です。ブラッシングのタイミングも重要なポイントのひとつ。食後は、虫歯菌が糖分をエサにして酸を放出していることから口の中が酸性になりやすく、歯のカルシウムやリンなどが溶け出してしまいます。「食べたらみがく」習慣をつくり、大切な歯を守りましょう。

ホームケアとプロケアを活用!

予防の基本は、毎日のブラッシング・ホームケアです。しかし、それだけでは十分とはいえません。歯科医院でのプロケアを活用して、ホームケアで足りない部分をカバーしましょう。

ホームケア

ホームケア

ホームケアでは、歯ブラシを用いたブラッシングに加え、デンタルフロスや歯間ブラシなどを活用して、お口の清潔を維持しましょう。ほかにも、洗口液を利用するのもいいでしょう。

プロケア

プロケア

ホームケアだけでは落とし切れない、プラークや歯石などの汚れを取り除く、専門的なクリーニングを行います。歯ブラシが行き届かない部分の汚れも取れ、予防につながります。

ヒロデンタルオフィスの診療のご予約はこちら

痛くなる前の予防が大切~予防歯科~

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 歯と歯磨きの基本
  • 審美歯科 ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 矯正歯科(小児矯正・成人矯正)
  • 入れ歯(義歯)インプラント