義歯・入れ歯

入れ歯治療とは

入れ歯(義歯)治療は歯がなくなった際に行う、最も一般的な治療です。歯がない状態では「食べる」「話す」といったことが不自由になるので、これを解消する目的で入れ歯治療を行います。インプラントに比べると性能は劣りますが、近年では入れ歯の製作技術が向上し、質の高いものもあります。

本来であればインプラント治療が一番お勧めですが、入れ歯をご希望される方や物理的にインプラント治療が不可能なケースの場合には、入れ歯での治療ももちろん可能です。

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、抜けた歯の周囲に支える歯がある場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に使う取り外し式の入れ歯です。歯ぐきの上に直接置き、両脇の歯にバネで固定して噛めるようにします。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合に装着する入れ歯です。部分入れ歯に比べると補う範囲が広いため違和感もありますが、定期的なメインテナンスによって緩和することが可能です。

金属床入れ歯

金属床入れ歯

金属床入れ歯は、床部分が主に金属で作られていてプラスチック製の入れ歯よりも薄い入れ歯です。プラスチック製の入れ歯と比べると、熱が伝わりやすく食べ物の温度を感じやすいのが特徴です。また、違和感もさほどありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用せずに装着する半透明の入れ歯です。そのため周りから入れ歯を装着しているように見えません。また、金属を使用しないため金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

シリコンの入れ歯

床部分がシリコン製の入れ歯です。入れ歯の裏側部分をシリコンで覆っているため、クッション性がありしっかりフィットします。入れ歯をしっかりと吸着するため外れにくく、噛む力も自然歯の8割程度まで回復します。

歯を補う治療の比較

治療の比較 メリット・デメリット早見表

  メリット デメリット
入れ歯
  • 治療期間が短い
  • ブリッジに比べ歯を削る量が少ない
  • 材質にこだわらなければ、保険が利く
  • 材質によっては、入れ歯に見えない
  • バネがかかっている歯の負担が大きく、その歯抜けることが多い
  • 保険が利くものだと見た目が悪く、違和感も大きい
  • 毎食後、取り外して洗浄する必要がある
  • あごの骨がやせていく
ブリッジ
  • 固定するため入れ歯より違和感が少ない
  • 両脇の健康な歯を削る
  • 両脇の歯に負担がかかる
  • ブラッシングが難しくなる
  • 発音が悪くなる
  • あごの骨がやせていく
歯の移植
  • 周囲の歯を痛めない
  • 違和感が少ない
  • 保険が利くケースもある
  • 移植できる歯がなければ適用できない
  • 外科的な処置が必要
  • 成功率が年齢によって左右される
  • インプラント治療と比べると成功率が低い
インプラント
  • 自然歯のような美しい見た目が手に入る
  • 周囲の歯を傷めない
  • 違和感がない
  • 自分の歯とほぼ同様の噛み心地で噛むことができる
  • あごの骨がやせない
  • 外科的な処置が必要
  • 保険が利かない
  • 治療に時間がかかる

診療予約