予防歯科

  • 小
  • 大

健康でずっと美しい歯でいるために ~予防歯科~

年齢を重ねても自分の歯で食事ができる―― それはとても幸せなことではないでしょうか。そのために必要なこととは? それは早期発見・早期治療はもちろんのこと、治療自体を不要にする「予防」が何よりも大切なのです。杉並区荻窪の歯医者「ヒロデンタルオフィス」では予防歯科に力を入れています。大切な歯の健康を守りましょう。

定期検診の重要性

定期検診の重要性

これは、日本人の年代別の残存時数を調査したグラフです。これを見ると、メインテナンスをしている人とそうでない人とでは、年齢を重ねてからの残存歯数に大きな差が生じていることがわかります。

ブラッシングをしていても、お口の中のすべての汚れを取り除くことはできません。それが徐々に蓄積して虫歯や歯周病を発症・進行させてしまうのです。そこで歯科医院で専門的なクリーニングを受け、汚れを徹底的に取り除くことが必要になります。これを継続することで、歯は守られます。つまり定期検診こそ、あなたの歯を守る重要な手段なのです。

治療より予防がお得!? ~通院するなら痛くなる前に~

どこか悪くなってからの通院と、悪くなる前からの通院。同じ「通院」なら、メリットが大きいのは断然後者、「予防」だといえます。

【予防歯科のメリット】

早期発見・早期治療が可能。虫歯・歯周病の予防にもつながる お口の健康が維持され、自分の歯を長く使える 早期の治療によって、症状や治療時の痛みなどの負担が軽減できる
治療費の負担を抑えられる 治療による複数回の通院が不要になる お口の中をいつもすっきりした状態で維持できる

【予防歯科のメリット】

悪くなってから治療をすると、歯が削られるなどどうしてもダメージを受けることになります。それをくり返せば、限りなく歯を失うことにつながってしまいます。また難しい治療が必要になれば、痛みや通院、高額の費用など、さまざまな負担も発生してしまうことに。「歯医者に行く」のは、「なる前」が新常識なのです。悪くなるまで待つのは、もうやめましょう。

ヒロデンタルオフィスの予防歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化する成分を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。虫歯菌に対する抵抗力を高め、虫歯を予防します。またごく初期であれば、フッ素塗布によって治癒できることもあります。

PMTC

PMTC

歯科医院でしか受けられない、専門的な歯のクリーニングです。歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだ汚れを、専門の器具できれいに取り除きます。ブラッシングでは落とせない汚れもなくなり、すっきりします。

TBI(ブラッシング指導)

TBI(ブラッシング指導)

歯科衛生士が、一人ひとりまったく異なるお口の状態に合わせた、正しいブラッシング方法を指導します。日頃のみがきグセを直し、きちんとブラッシングできるようにしましょう。

定期検診

定期検診

お口の中は日々変化しています。そこで定期的に医師によるチェックを受け、異常がないか調べることが必要です。併せてPMTCなどの専門的なメインテナンスを行い、お口の健康維持を図ります。

予防歯科Q&A

毎日ブラッシングしていれば、虫歯になりませんよね?
ブラッシングは、「している」ことで満足してはいけません。しっかり「できている」かが重要なのです。ブラッシングに自信がある人を対象としたある調査では、実に約8割の人にみがき残しがあるという結果が出ています。きちんと汚れを落とせるよう、歯科医院でブラッシング指導を受け、さらに定期的にクリーニングをされることをおすすめします。
みがき残しやすい場所はどこですか?
ブラッシングをしても汚れが残りやすい場所は、「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」に加え、「奥歯の裏側」が挙げられます。ほかにも奥歯の咬み合わせ面の溝や、歯並びが悪く歯が重なっている部分などにも注意が必要です。
痛みがなければ、ブラッシングだけでいいですか?
虫歯・歯周病は、どちらも初期に痛みなどの自覚症状がないという特徴があります。そのため発症に気づくのは、痛みが出るほど進行してしまってからというケースが少なくありません。鏡でも見えにくいような部分は、自分で変化に気づけません。定期的に医師のチェックと専門的なクリーニングを受けることが必要です。
毎日の自宅でのケアで、気を付けることはありますか?
歯質を強くする成分が含まれている、フッ素入りの歯みがき粉を使うことをおすすめします。フッ素には歯を再石灰化させる効果もあるため、虫歯予防につながります。フッ素をお口にできるだけ留めておくために、最後にお口をすすぎ過ぎないようにしましょう。
みがき残しがないか気になるのですが、どうしたらいいですか?
歯と歯の間などの汚れは、歯ブラシだけで落とすことはできません。歯間ブラシやデンタルフロスなどを併用して、できるだけ汚れを落としましょう。また、就寝中に多く繁殖する細菌の増殖を抑えるために、デンタルリンスを利用するのもおすすめです。

ヒロデンタルオフィスの診療のご予約はこちら

歯とブラッシングの基本について

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 歯と歯磨きの基本
  • 審美歯科 ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 矯正歯科(小児矯正・成人矯正)
  • 入れ歯(義歯)インプラント